2019年09月15日

エピソード(幻想探求編) イングランド第6章

ライザ>イスパニアの軍船が多いわね
ますます不穏な雰囲気だわ

アルヴェロ>早く見つけなきゃいけねぇっていうのに
よりによって こんな街か……

フワン>調べ物をするために来たのなら
メルカトールさんのところかな……?

アルヴェロ>確かにな
アルヴェロ>悪魔の島の件だけじゃなく
アンティリアのことも
あの人ならくわしいかも──

フレデリク>アンティリア……?
ライザ>フレデリク……!
フレデリク>あんたら…… ライザまで……
アンティリアについて
調べているのか?

アルヴェロ>あんたは たしか
前にメルカトールに
会いに来てた──

フレデリク>フレデリクだ
さっきもアンティリアの話をする
女性と会ったんで 気になってな

ライザ>それは もしかして
ミナという女性じゃなかったかしら

フレデリク>ああ 連れの男に
そう呼ばれていた

ライザ>やっぱり……!
その二人はどこへ向かったの!?

フレデリク>港の端のほうだ
ライザ>……分かった
ありがとう フレデリク
このお礼は また今度するわ

ライザ>行きましょう
ジョナ・マチュア アルヴェロ

アルヴェロ>ああ

アルヴェロ>フワン お前は船に残れ
前みたいに不審者が
入り込むかもしれないからな

フワン>分かった
今度はしっかりやるよ

アルヴェロ>頼りにしてる
けど ひとりで悩んだり
無理したりするなよ

アルヴェロ>困ったら 他のヤツの
力も借りればいいんだからさ

ゴードン>そうそう 私も
ライザ様の船に残りますから
なにかあれば協力しましょう

フワン>うん! ありがとう!
フレデリク>待ってくれ
フレデリク>あんたらがアンティリアを
追ってるんだとしたら
早く手を引いたほうがいい

ライザ>……どういうことかしら
フレデリク>俺はネーデルラントの運び屋に過ぎない
フレデリク>そんな俺ですら
アンティリアっていう幻の島を巡って
多くの国が争ってるって噂を聞いてる

フレデリク>ここに停まっている
イスパニアの船団もそうだ

フレデリク>そんな大きな争いに
民間人が関わるべきじゃない

ライザ>……それは承知の上よ
フレデリク>女王陛下のため ってヤツか
ライザ>それはもちろん
アルヴェロ>…………
ライザ>──でも もうそれだけじゃない
ライザ>仲間が危険に晒されているかも
しれないのを 見過ごせないから

アルヴェロ>ライザ……
アルヴェロ>俺も同じだ
アルヴェロ>作られた「伝説」でも
そこに財宝がなくても
仲間を見捨てたりはしねぇよ

フレデリク>……決意は固そうだな
分かった 気を付けて行けよ

ライザ>ええ フレデリクも関わっているのなら
そちらもどうか 気を付けて

フレデリク>ああ
ライザ>フレデリクが言っていた場所は
この辺りね

アルヴェロ>ミナはどこに──
ライザ>……!
アルヴェロ ジョナ・マチュア!
あっちよ!

ミナ>ねえ クラウス
なんでわざわざこんなところで
人を待たなきゃいけないの?

ミナ>酒場とかでも十分なのに
クラウス>ああ それはですね──
アルヴェロ>まずい…… ミナ!!
ミナ>えっ……!?
クラウス>──人目を避けるには
ここが好都合だからですよ

ミナ>え…… ええっ?
どういうこと…… クラウス……
ジョナ・マチュアたちも……?

ライザ>クラウス!
ミナを放しなさい!

アルヴェロ>話しても無駄だ ライザ!
こうなったら力ずくでも……!

クラウス>おっと 無駄なのはそちらもですよ
クラウス>あなた方の船足の速さを
考慮しておいて正解でした

クラウス>やはり間に合ってしまいましたか
──これだから能ある人間は厄介だ

アルヴェロ>そいつは皮肉か? クラウス
あんたに言われても嬉しくはねぇな

ミナ>アルヴェロ……?
そんなこと言うなんて……

ライザ>ミナ 私たちは誘導されていたの
ライザ>イスパニアもフランスも
オスマントルコも アンティリアを
追うように仕組まれていた

アルヴェロ>クラウスっていう野郎の仕業で……な
ミナ>な なんで? どうして?
だって アンティリアは伝説でしょう?

ミナ>だから追いかけていたの……
好きで追いかけてただけなのに……

ミナ>それじゃ アンティリアは……
クロスは いったい──

クラウス>そうですね アンティリアは伝説です
真偽は別として 確かに
言い伝えられてきた伝説

クラウス>ですが……
アンティリア・クロス?
病を癒やす聖遺物?

クラウス>そんなもの あるわけないでしょう
──それは「作られた伝説」なのですから

ミナ>!?
アルヴェロ>……ははっ
やっぱりアンティリア・クロスの話は
捏造だったってことか

アルヴェロ>そこまで ご丁寧に餌を用意するとは
よっぽど皆を釣りたかったんだな

クラウス>アルヴェロさんは
なかなか察しがいい

クラウス>マディラで
消えてくださればよかったのに
オスマントルコも甘いものです

ミナ>待って…… 待ってよ……
なんでそんなこと クラウスが言うの?

ミナ>クラウスは 兄さんの友だちでしょ?
わたしの家族みたいなものでしょ?

ミナ>わたしを支えてくれたじゃない……
伝説探しを手伝ってくれたのって
本当は…… 本当は……

クラウス>ええ 身体が弱いこと以外
これといった不自由なく
好きに生きてきた「お嬢さん」

クラウス>思いのままに動くあなたは
この上なく御しやすい「駒」でしたよ

ミナ>っ……!!
クラウス>さあ 連れていけ
アルヴェロ>ミナ……!
ライザ>っ……待ちなさい!!
クラウス>おっと……!
クラウス>……よくもやってくれましたね
こちらの手駒が減ってしまった

クラウス>あなた方も一緒に連れ去るのは
諦めることにしましょう

ライザ>そんな真似をしていいのかしら
私たちは絶対にあなたを追うわよ

クラウス>好きに追えばよろしい
あなた方が動けば動くほど
幻想を追う国々も動き 争います

クラウス>──沖を見てください
クラウス>あのイスパニアの船団は
アンティリアを求めて西進します

クラウス>オスマントルコの襲撃にも備え
軍備も大幅に増強されている──
衝突すれば大規模な海戦になるでしょう

クラウス>幻想の種は すでに
この地に広く根を張りました

クラウス>成長は もう誰にも止められない
国々の欲望が海を戦火で満たすでしょう
──この光景を「我々」は待ち望んでいた

アルヴェロ>クラウス……
あんたは いったい──

クラウス>それでは お別れです
クラウス>「また」があるといいですね
アルヴェロ>くそっ……!
クラウスのヤツ
なにを考えてやがる……

ライザ>……ミナの行方も心配ね

まんまと連れ去られたのが悔しいわ
ゴードン>ライザ様!
ジョナ・マチュアさん!

ライザ>ゴードン……?
ゴードン>さっき フワンから聞きました
クラウスがひとりで船に乗るのを
遠目に見たそうなんです

ゴードン>ミナさんが一緒じゃなかったんで
こっちでなにがあったのかと──

ライザ>……ミナは
クラウスの仲間が
連れていってしまったわ

ゴードン>つ 連れていかれた!?
ライザ>敵はクラウスひとりじゃなかった
ライザ>私たちは身動きが取れなくて
連れ去るのを止められなかった

アルヴェロ>今からでも助けに行かねぇと……!
アルヴェロ>ヤツらが何者かは分からねぇけど
もう ミナが無事でいられる保証はない

ライザ>…………
ゴードン>……ライザ様?
なにか考えがおありで?

アルヴェロ>……まさか この期に及んで
これは陛下の命ではないから
手を引くとか言い出さないだろうな

ライザ>そんなこと 私の信義に反するわ
ミナのことは絶対に助けたい
──けれど 気になることがあるの

ライザ>アルヴェロ ジョナ・マチュア
ミナのことはあなたたちに任せる
私は──アンティリアの真実を追ってみる

アルヴェロ>ライザ……?
だって 真実って……

アルヴェロ>要は 国が作り物の伝説を
追いかけていたことを
証明するってことだろう?

アルヴェロ>信じてくれればいいが
一歩間違えば 国の裏切り者として
捕まっちまいそうだっていうのに……

ライザ>……そうね そうかもしれない
ライザ>ミドルトン家を受け入れてくれた
国と女王陛下に 裏切り者と
思われたくはない──

ライザ>でも そんな国と陛下が
虚構に振り回されている姿は
もっと見たくないの

ライザ>私はイングランドの軍人として
イングランドに真実をもたらしたい

アルヴェロ>ライザ……
アルヴェロ>分かった
それならきっとミナも納得するよ

アルヴェロ>それじゃあ 俺は
ジョナ・マチュアとミナを追う

ライザ>ええ お願い
ライザ>私とゴードンは しばらく別行動をして
クラウスたちの目に触れないよう
調査を進めるわ

ライザ>ほとぼりが冷めたら
リスボンに連絡を入れるから
それまで待っていて

ライザ>──行くわよ ゴードン
ゴードン>はい
それでは また

アルヴェロ>……俺たちも しばらくは
それぞれでミナの行方を探ってみようぜ

アルヴェロ>時間の猶予はねぇが 大勢で動いて
クラウスの仲間とやらに嗅ぎつけられたら
それはそれでまずい

アルヴェロ>ジョナ・マチュア
あんたも気を付けてくれ
しばらくしたらリスボンで会おうぜ

現時点では これ以上の進展はないようです
しばらく様子を見つつ 進展を待ちましょう


gvodol at 19:26コメント(0) この記事をクリップ! twitterでつぶやく
LOST MEMORIES | ジョナ
profile
profile称号:
鋳造マイスター/工芸マイスター/調理マイスター/縫製マイスター/保管マイスター/サーカムライナー/花の憧れ人/冒険課程卒業生/交易課程卒業生/海事課程卒業生/キープ・カマヨック/訓練生/優良商会会員/シップレックハンター/文化功労者/歴史を打ち破る者/歴史を統べる者
<過去のコーエーからの受賞歴>
・大航海時代onlineがwebmoneyアワード2008で選ばれた時のコメントが採用。
・信長の野望・天道PK合戦エディタコンテスト優秀賞
賞品:天道オリジナルグッズ2点セット、マグカップ、コースターセット
などなど
googlead
大航海時代を楽しむprofile
大航海時代を楽しむblog内検索
Recent Comments
大航海時代を楽しむカテゴリ
大航海時代を楽しむ過去の記事
記事検索
大航海時代を楽しむtrackfeed
track feed 大航海時代を楽しむ
大航海時代を楽しむの更新頻度
人気ブログランキング - 手を伸ばせば、そこはラ・フロンテーラ♪
  • SEOブログパーツ
SEOLINK
sitemap.xml自動生成ツール
大航海時代を楽しむキーワード
QRコード
QRコード